看護部の理念  
新人教育一覧表
担当者 : 絹川・嶋田・八和田・小松・松本・矢野
研 修 名 テ ー マ 開催時期
1  病院理念、沿革   ようこそ皆生温泉病院へ         4月1日
2  接遇について 4月1日
3  職員共通チェック
   リストについて
4月1日
4  就業規則・個人情報保護
4月1日
5  人権研修 4月2日
6  防火訓練 4月6日
7  感染対策研修 4月7日
8  医療安全研修 4月9日
9  接遇研修  接遇 -社会人としてのマナーと患者対応 4月13日
10  倫理研修    医療倫理(前半)  4月14日
   〃  (後半)  4月15日
11 清潔・衣生活援助技術  清潔のお世話-入浴,清拭,洗髪,身だしなみ  4月16日
12  排泄援助技術   排泄のお世話-排尿・排便のお世話,おむつ交換 4月17日
13  食事援助技術   食事のお世話―食事のお世話,食事の事故防止  4月20日
14  環境整備技術   環境整備―環境整備,ベッドメイキングなど 4月21日
15 清潔・衣生活援助技術  洗面のお世話―歯磨き,顔を拭く,髭を剃る 4月22日
16  活動・休息援助技術  トランスファー 4月23日
17  感染防止の技術    感染防止対策のための基礎知識 4月22日
18  医療器具の消毒 5月1日
19  与薬の技術  輸液ポンプ・シリンジポンプの準備と管理 5月15日
20        〃      (実技) 5月22日
21  呼吸・循環を整える技術  やってみよう吸引(実技) 5月29日
22  食事援助技術  どうやって入れるの~経管栄養法(実技) 6月5日
23  救命救急処置技術  急変!あなたにできること(実技) 6月11日
24  症状・生体機能管理技術  静脈血採血のコツとワザ 6月19日
25
 与薬の技術  注射法の知識と手技の実際 6月26日
26  糖尿病の基礎知識と血糖測定・インスリン注射 7月3日
27  症状・生体機能管理技術  正しくつけよう 心電計 7月10日
28  業務管理・安全管理  看護業務と医療安全 7月
29  救命救急処置技術  救急対応すぐやる技術 8月
30  情報管理  看護記録をどう書くか 9月
31  看取りケア  看取りとエンゼルケア 10月
32  食事援助技術  経管栄養のチューブ管理と栄養の実際 11月
33  感染防止の技術  ハイリスク患者の感染予防ケア 12月
34  症状・生体機能管理技術  心電図モニタのみかた、使いかた、アラーム対応 1月
35  与薬の技術  輸液の準備から実施、実施後の観察 2月
36  苦痛の緩和・安楽確保の技術  看護の〞心とわざ 〞  3月
   一人ひとりの提供するケアは、「おもいやり」「優しさ」を持ち相互に信頼しあい、
  「笑顔」を忘れないよう心がけて行動する。個々が知識・技術を研鑽し看護の
  レベルアップに努める。

  私たちは「愛」を看護の拠り所として、思いやり、優しさ、気配り、心配りを持って
  患者様に看護サービスの提供を行います。そして職員にも「愛」を持って接して
  いきます。
 
     
行動指針  
  1. 患者様ご家族様参画で患者様に安心・納得していただく看護を提供します。
  2. 医療の進化や地域のニーズに対応できる看護および地域医療を支援する
    チームの一員として看護を提供いたします。
  3. 専門職者として自己研鑽に努め、看護レベルの向上に努めます。
  4. 看護職の良い後輩育成に努めます。
  5. 組織を展開し組織の発展に貢献いたします。
 
     
     
       「気づき力」を大切に、看護を変える事につなげています。
       そして、仕事と家庭との調和を大切にしています。
 
       
     
 
労働環境  クリックで   活動報告    ページへ
リフレッシュ中
   
   ■定年年齢   60歳を65歳。
   ■夜勤      2交代と3交代の自由選択制。
   ■夜勤時間   60歳以上は、1ヶ月の夜勤時間の選択制 (夜勤インセンティブ制度)
   ■健康管理   年2回の健康診断と外来受診。
   ■やりがい感  人事評価の実施。新人職員の教育体制整備。
   ■ケアの質   看護の質評価の実施と改善(看護QIシステム)