診療科のご案内

心臓血管カテーテルセンター

心臓血管カテーテルセンターとは

心臓血管カテーテルセンターでは、循環器内科医師を中心に看護師・診療放射線技師・臨床工学技士・臨床検査技師等の多職種がチームとなり、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)・末梢血管・透析患者様のシャント血管等を対象とした治療を行っています。


心臓カテーテル検査とは

腕の動脈や足の付け根の動脈から細く柔らかい管(カテーテル)を心臓を栄養している血管(冠動脈)付近まで入れます。 カテーテルを通して冠動脈内に流した造影剤を放射線下でみることで冠動脈の詰まり(狭窄や心筋梗塞)を確認する検査です。 また、カテーテルを心室に入れることによって心臓の動きも確認することが出来ます。 患者様は検査台の上で仰向けに寝ていただき検査を行います。 検査の際は動脈に穿刺を行いますが、局所麻酔を使用しておりますので最小限の痛みで検査をすることが出来ます。


心臓血管内治療とは

心臓血管内治療は造影剤による検査により、冠動脈に狭窄や心筋梗塞が見つかった場合に行う治療です。  冠動脈の狭窄や閉塞している部位をバルーンやステントを用いて広げ胸痛や心筋梗塞を治療します。一般的な手術に比べ傷跡が少なく、局所麻酔のみで行うことが出来ます。

担当医のご紹介

笠原 洋一郎
笠原 洋一郎

循環器内科部長/心臓血管カテーテルセンター長

資格
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本禁煙学会認定指導医