患者さまへ

病棟のご案内

急性期一般病棟

3階東病棟(45床) 3階西病棟(41床)

救急の患者様を24時間受け入れ、急性期の治療・看護を行っております。 患者様の生活背景に関する問題をお聞きし、多職種で対応いたします。 早期回復と安心して療養生活がおくれる様、スタッフ一丸となって取り組みます。

回復期リハビリテーション病棟

4階西病棟(51床)

リハビリテーション室での訓練のほか病棟でも1日の流れ (食事・整容・更衣・排泄・入浴・移動等)の動作全てをリハビリテーションの 一環と考えて、実践的な訓練を行います。専任医師を中心に看護師、理学療法士 作業療法士、言語聴覚士等がチームとなり、患者様の早期社会復帰を目指して 個別のリハビリテーションプログラムを作成し、そのプログラムに基づく 集中的なリハビリテーションを行います。

障がい者施設等一般病棟

4階東病棟(47床)

重度の障がい、意識障がい、神経難病等の患者様に安心できる療養環境を提供する病棟です。 長期入院の患者様が多く、リハビリスタッフをはじめ多職種と連携し、患者様・ご家族様が、 安心、安楽な生活を送っていただけるようなケアを提供しています。

療養病棟

5階東病棟(47床) 5階西病棟(47床)

急性期治療後、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養が継続的に 必要な患者様を対象にご利用いただく病棟です。 急性期治療後の患者様は、入院前よりADLが低下することが多く、 ご自宅(施設等)に退院するにあたり、生活環境を整えるための準備期間として 療養病棟をご利用いただけます。