診療技術部門のご案内

放射線科

放射線では、X線撮影や骨密度検査・X線CT・X線TVなどX線を使った検査を行っています。

一般撮影装置

一般的にレントゲン撮影と呼ばれるもので人体にX線を照射した時のX線量の吸収差を白黒写真として表現しています。
肺など空気が多く含まれる部位はX線が透過しやすいので写真上では黒く、骨などのX線吸収率の高い部位は白く投影されます。
当院ではCR装置を用いてイメージングプレートと言う特殊な板に情報を記憶させ、専用の読み取り機を使ってフィルムを出力しています。

一般撮影装置

一般撮影装置

X線TV

X線透過検査と呼ばれ、人体にX線を照射してモニタ上でリアルタイムで観察しながら撮影をします。
異物の混入の確認、脱臼の制服、バリウムなどの造影剤(X線写真で白く写る)を用いた胃透視、注腸検査などをはじめ、内視鏡を併用した検査も行っております。

16列マルチスライスCT(MDCT)

CTとはコンピューター断層撮影の事でX線管と検出器を一体として被検者の周りを回転し、輪切り(横断層)の画像を取得する検査です。
従来、一列(シングル)であった検出器を多列化して体軸方向に広い範囲に照射しつつ同時に複数スライス画像を得ることにより息止めを必要とする胸~腹部などの広範囲の検査も短い息止め時間で検査できるようになりました。また、最小検出器幅0.625mmによる薄いスライス厚の撮影が可能となり撮影後の画像処理によるボリュームレンダリング(3DCT画像)や横断層だけではない任意の多断層画像が提供でき診断の向上に役立ています。

16列マルチスライスCT(MDCT)